レーシック手術は痛くないようなので、安心して

コンタクトレンズですら怖いと思っていたので、目の手術となると怖さはハンパじゃないです。眼球を押すだけでも痛いので、手術をするなら目の中にメスを入れたりするんじゃないのかな、とか想像の範囲で色々な不安を感じてしまいます。

 

メガネもせず、コンタクトレンズもせず、裸眼でくっきりとした視界を手に入れることができるのがレーシックの良さですからそれは魅力的ですが、もしもとてつもなく痛いということであれば、やっぱりためらってしまいます。そこで、レーシックの手術自体がどれくらいの痛みなのか、というのを調べてみました。

 

驚いたのがインターネットのレーシックの掲示板やレーシック手術の体験談を見てみましたが、ほとんどの方が「まったく痛みがなかった」という解答でした。そのほとんどに漏れた方も、痛み自体はなかったけど、手術の工程の中で一部違和感を感じたみたいですが、術後に何か特別に目に異常を感じた、とかそういうことではなかったそうです。

 

手術中は点眼タイプの麻酔をするそうで、手術の工程ごとに麻酔が効いているか、しっかり確認をとる病院がほとんどだそうです。それにメスを入れることはなく、レーザーによる治療が今はトレンドらしいので、私の勝手な不安は解消されました。レーシック手術は痛くないようなので、安心して受けられそうです。